デリケートゾーンを力強く洗う事が刺激になり黒ずみが悪化させてしまう

デリケートゾーンを力強く洗う事が刺激になり黒ずみが悪化させてしまう

デリケートゾーンの黒ずみには様々な原因がありますが、その中には意外に思うような物もあるとされています。

 

 

その意外な原因としては、まず入浴の仕方が挙げられます。一般的にデリケートゾーンの黒ずみに悩む方はお風呂に入った際にデリケートゾーンを力を入れて洗う傾向が見られるのですが、デリケートゾーンの黒ずみはインクの汚れなどとは違いますのでどれだけ力を入れて洗っても落ちるはありません。

 

 

むしろこの様に力強く洗う事は、デリケートゾーンの黒ずみをより悪化させる可能性が高くなります。と言うのも基本的に肌にできる黒ずみの原因はメラニン色素になります。そしてこのメラニン色素は外部からの刺激などによって生成されますので、デリケートゾーンを力強く洗う事が刺激になり黒ずみが悪化させてしまう事があります。

 

 

また、同じ様に外部からの刺激になるのがトイレットペーパーで拭く事になります。この場合はそれほど力を入れて拭くケースは少ないのですが、トイレットペーパーの素材が問題になります。

 

 

基本的に最近のトイレットペーパーは柔らかく肌に優しい素材でできていますがリサイクルペーパーを使っていた場合にはその限りではありませんし、そもそもデリケートゾーンはその名の通り非常にデリケートなので少しの刺激にも反応しやすくなっています。

 

 

さらに女性ならではの問題として、生理用品との摩擦も黒ずみの原因になります。この場合は一定の限られた期間だけになりますが、女性なら毎月起こる事ですし生理用品を付けている時間も長いのでデリケートゾーンにとっては十分な刺激になっています。

 

 

また、同じ様に下着との摩擦も原因の一つに挙げられます。特にこちらは下着のサイズが重要になっていて、小さい下着を着用している時には注意が必要になります。これは小さな下着と言う物は肌に食い込みやすい事が理由になっていて、普通の下着よりも強く擦れてしまいますし場合によってはデリケートゾーン以外も黒ずんでしまう事があるとされています。